2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.15 (Wed)

(待ちに待った)ハヤテのごとく!第196話感想 - Like or Love ? それとも……

(前書きは飛ばして感想本文だけ読みたい方はRead Moreをどうぞ)

それは、凄まじい衝撃だった。
こうするようになったのはいつからだろうか。
水曜日の朝、私はいつもよりほんの少しだけ早めに起き、支度をし、家を出て、コンビニに寄り……些細な楽しみを開くのだ。
このすぐ後には、思い浮かべるだけで疲れるような朝の通勤・通学ラッシュが手ぐすねを引いて待っている。せめてその前のほんの一刻、せめて行く前にハヤテのごとく!だけでも、と立ち読みするのだ。
扉絵を開くと、そこには彼女がいた。
――私は、驚愕と歓喜の狭間で、目を見開いた。
(続きから感想。ネタバレ注意! 「斜体のカッコ囲いはいつも通りセリフ引用です」

【More・・・】

美希のメイン回じゃないですかぁぁぁぁぁ!!!!!

いや、だって、まさか……ねぇ?
メイン回を心の底から願っていた、仮にも花菱美希FC(非公式)である「花菱美希を応援する会」などというものの会長を名乗っている、この私が一番驚愕してるのではないか、などと思ってしまいます。

……ダメだ、顔のニヤケが止まらない!
準備はしていたはずなんです。
この前は泉と理沙が出て美希だけハブられるという珍しいパターンだったし、もしや泉メイン回の前の期間のような前フリじゃないかなんて、心の底でないと思いつつもちょっと期待しつつ、いつ来てもいいようにと更に早めの時間に家を出るようになったのです。

それでもいざメイン回が来ると、常に身構えていたはずなのに驚きが!
とりあえず速攻でサンデーを購入し、家に置いてきました。サッと読んでいつも通り出発しましたが、一日中今回の内容が頭に浮かんで……
しかもアレです、帰りに本屋で、初めて保存用にもう1冊買ってしまったではないですか!
そんな喜びと驚きと切なさと嬉しさと寂しさともういろいろ混ざってしまった私の感想です。
『花菱美希を応援する会』のほうで感情どストレートの魂の慟哭をしたので、こちらは美希メインで見つつも普通めの感想を目指して。
それでいて、普段よりさらに気合い入れて書きますよ!
是非会長を名乗っている私の感想を読んでくれと言わんばかりに。
もう今回だけは、珍しく言及トラックバック以外の、同じ話に対する感想同士のトラックバックとかも送っちゃいますよ~!

○まず扉絵
に目をやると、おぉ、単独扉絵。
木の葉落ちる秋の公園、振り向きざまの表情がもう最高です!
後ろ手に持つはラブレター? 妄……インスピレーションが広がってしまうではないですか(
真面目な話、美希の全身像というのはかなり貴重なのではないでしょうか。

○1ページ5コマ目
ではかなり顔がアップで描かれていますが、おぉ……こういうコマがあるとメイン回という気がしますね。

○というより、今回の状況はというと……
ハ、ハヤ太君と二人きりですとぉ!?
「メイン回はヒナとではなくあえてハヤ太君との絡みのほうが見たい」と思っていた私にストライクではないですか。

○2ページ最後のコマ
かえせ!!と、ハヤ太君に見られた36点のテストを顔赤らめつつ取り上げる顔が可愛すぎるじゃないですか。
さりげなく気に入っているコマの一つだったり。

○そしてペラッとめくり3ページ1コマ目
「そんな…可愛い花菱さんと二人きりだなんて…こんな夢のような状況…フラグを立てずにはいられないよ。」

……ちょちょちょ、なんですと!?w
まぁもちろん、
「な~んて考えてもムダだぞ。私と君の間に立つフラグなどないから。」
と冗談なわけですが。
ハヤテのあのコマは思わず「自重w」と言いたくなってしまいますが、うん、こんな感じのやりとり大好きです。
もう既に十分フラグ立ってるハヤテ君ですからね。かえってこういうやりとりがイイ!
もしイベントが起きるとしても、事故で押し倒したみたいになって顔赤らめるけど"フラグは立ってないぞ!"程度がちょうど良いよね!((

○ある雑誌を真剣に読む薫先生ですが……
おぉ、これは確かにある意味切ない……
しかし、『1日30分 今日から君もモテ男になれる!!』そんな本、雪路相手には通用しないのでは……

○5ページ目下段では
「ふーん。まじめだなハヤ太君は。」「だがハヤ太君のそういうトコ、私は気に入っているよ。」
「あれ? 花菱さんって…笑うとこんなに…」
○#♪&△!? 「ドキッ」!? シャボントーン!?
とまぁ、3ページ目と同じアテレコ落ちなわけですがw
笑いの基本は繰り返しということですね、分かります!(

○しおりん!
6ページ下段で「うる」と涙。それをハッ!とした感じで見る美希の表情がまたw
そして登場したのは……

○初登場・使い捨てモブキャラ竹崎君
うぉいおい、モブとはいえ、まさかの名前付き新キャラ。
「それなんてエロゲ?」と、いつぞや生徒会室で美希がハヤテに言ったセリフが浮かんできたのですが。いや、エロゲもギャルゲもやったことないので分かりませんが。

ちなみに8ページ1コマ目、茂みに隠れた二人、というか美希の表情がこれまた(以下略

○禁断の愛
11ページ1コマ目。「スキな気持ちには変わらないんだから…!!」
この表情も中々……と思いつつ、あれ? なんだこのちょっと嫌な(?)予感は……?

○そして切なさ炸裂
「好きな人とかいないの?」という定番かつ好物なシチュエーション。
しかしハヤ太君はと言えばアーたんの傷がちらりと。
そして美希はといえば……
「言ったところで絶対に受け入れてもらえないと知っているから…見上げているだけさ。」

うぅ……美希ぃ……
美希に感情移入するともうダメだ、切なすぎてもう……
「うぉ、私は美希→ヒナは憧れだと思ってたのにこれはマジで百合なの?」とか思う間もなかったです、正直。

いやぁしかし、美希は百合で決定なのかな……とも思いつつ(個人的にはちょっぴり落胆しつつ)、いや実は何度も読み返すたびに私はかえって分からなくなったといいますか。
単に深読みか、はたまたこれまで私が「美希の想いは憧れであってガチ百合ではない説」を唱えていたため偏った見解になっただけかもしれませんが……それでもどうも、ただ単純に「美希は百合」とかいう話ではないと思うのですよ。これは明日あたりにでも一本記事にしてみるかななどと思っていますが、「恋」ではなく、友情とか憧れとか恋愛とか、様々な感情が入り混じったうえでの「愛」といいますかね。
(追記:あ、ちなみに、私は非百合説を唱えていますが、百合派の方を否定するつもりはございませんのであしからず。百合派の方でも非百合派の方でも、美希好きが増えてくれるのなら無問題なのです(笑)


○まとめ

196話にしてやっと巡ってきたメイン回、メイン回というだけでもう満足でした。
美希可愛いよ、という以外で見てみると、たとえばメイン回のなかった美希だけではなくしおりんや薫先生が出てきたりという点では、もしかすると200話の巻頭カラーでミコノス長編突入、同時に第2回人気投票とかやっちゃったりしちゃってそのためのキャラ出しだったり?などと勘ぐってしまいます。人気投票云々は自信ないですけどね。
しかし、チラリとアーたんを匂わしたり、このタイミングで美希の心情に近づけてみたりという点を見ると、ミコノスでハヤテのアーたん問題、そしてヒナギクの気持ちにも一区切りありそうですね。
美希がヒナギクの背中を押してやる、という随分昔思い描いた展開が、なんか本当に起こりそうな気もしてきました。

……ところで、あのチャームポイントの前髪が時々なかったりするのは仕様ですか?(

------------------------------

おまけ
○とある一人のSS書きから見た今週のハヤテのごとく!

何といっても美希のメイン回、美希の資料が増えたなぁと。
クールな表情の他にもいろいろな表情が見えましたし。
「立つフラグなんかない」というセリフあたりから広げてみたりなどという妄想も(ry
しおりんとエイトの間がどうなったのかという補完SSもアリですね。
しかし、(実は私はそうは思っていないのですが)美希百合説がかなり強力になってしまったという点では、ハヤ×美希恋愛SSなんかは書き辛くなるでしょうね。まぁ私は書かないと思いますけど。(とっくの昔にプロットだけ書いて挫折したわ!((
逆にヒナ美希が書きたかった方にとってはやりやすくなるのかもしれませんね。

しかし今回の話を読んで私が書きたくなったのは、数か月前書きかけた、(あくまでもコメディーの上で)軽く美希フラグ立つ小説の仕上げ(恋愛ENDじゃなくて、ハヤテがご愁傷様ENDのコメディでね)か、竹崎君のSSですかね

------------------------------

というわけで記念すべき美希メイン回、渾身の感想終了!
もう今回くらいは、色んなブログさんの感想記事にトラックバック送っちゃいますのでよろしくお願いします!(い、いいんですよね?とちょっと不安だったり)

22:51  |  花菱美希を応援する会  |  TB(8)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

 BSに初穂さんキターッ!!!

……じゃなくて、待望の美希メインおめでとうございます。美希FCの魂の叫びを拝見してぜひレスをつけようと思ったのですが、あちらは美希FC会員の書き込みを待ってる風な締め方になってたのでこちらのほうで。

 今回は美希の横顔ドアップが多かったのが印象に残りましたね。身長が低いだけに今までSDキャラっぽい描写が多かったので、「こんな顔もするんだ……」と思ったりもしました。
 美希にとってハヤ太君が歩く天然ジゴロに見えてるってのがちょっと意外でしたね。「学園で一番人畜無害で多分紳士」とか最近まで言ってたような……やっぱり泉や理沙の意味深発言を受けて、本人もその気になってきたんでしょうか。jihadさんとしては許せない展開なのでしょうけど。

 ちなみに今回の話を読んで、ヘタレSS書きとしては「美希の意中の相手ってエイトでは?」とか想像したりしました。しおりんが彼氏と別れたらしい話と一応連携も取れてるし、相手が介護ロボなら絶対に実を結ぶはずのない恋だよな確かにって……こんなSS書いたらjihadさんとkeiさんに殺されそうなんで書きませんよ、はい。
双剣士 |  2008.10.15(水) 23:19 | URL |  【編集】

>双剣士さん

こんばんは、コメントありがとうございます!

 >あちらは美希FC会員の書き込みを待ってる風な締め方になってたので

おっと、私の書き方が誤解を招いたようで(汗
あれは、やっとのメイン回なので他の会員の方も独立で感想記事書いて下さる方もいらっしゃるかな~、という事で、会員でない方でも記事・コメントは大歓迎ですよ!
もちろんこちらでも大歓迎ですけど(笑)

 >今回は美希の横顔ドアップが多かったのが印象に残りましたね。

ですね。やはりメイン回だと描かれ方も違うと言いますか、普段のちらっと出ている時よりもいろいろな表情が見れますよね。そういう意味で今回は大満足でした。

 >美希にとってハヤ太君が歩く天然ジゴロに見えてるってのがちょっと意外でしたね。

私は、あの描写は単にコメディの意味合いが強いのではないかな、と思っています。ハヤ太君をいじって楽しむのにああ言っただけかなぁ、と。
しかし、本人もその気になってきた、というのもそれであるかもしれませんね。

 >「美希の意中の相手ってエイトでは?」とか想像したり

おぉ、この発想はありませんでした(笑)
面白いSSを書くにはこういった発想ができることがポイントなのでしょうか?

それでは、コメントありがとうございました!
jihad |  2008.10.17(金) 01:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hmsa.blog61.fc2.com/tb.php/32-7d2162f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ハヤテのごとく!196話@禁断の恋に必要なのは突っ走ること?

店・・・スポーツ関連ショップ?
2008/10/15(水) 23:41:21 | 蒼のごとく!

ハヤテのごとく! 第196話 俺が、俺たちが…としあきだ!

今週のハヤテは初の美希メイン回! …そんな訳で扉絵は美希。 その手に持つラブレターは、 決して渡す事が出来ないラブレター。 爆発する...
2008/10/16(木) 00:22:03 | ~器用貧乏人宝~

ハヤテのごとく!196話【切なさ炸裂アドベンチャー】畑健二郎

 まさかの花菱美希回!ついに来たー、と思う一方で遅きに失した感じが否めないなぁ……ハヤテの周辺はアーたんにとどめを刺すガチガチの過当競争だし、百合路線には最強の新種ハムスターが陣取っている。ぶっちゃけ彼女の立ち位置を考えるのがいちばん切なさ炸裂なのであ...
2008/10/16(木) 07:41:36 | 360度の方針転換

ハヤテのごとく!第196話 君が好きだと叫びたい!

やっぱサブキャラ話は感想書きやすいや! でも画像上げるのがしんどいので、今回は画像なしで。
2008/10/16(木) 10:38:12 | 精霊王様の城

第196話感想?「愛しさと切なさと面白動画と」

水・木と休んだのは、一度は感想を書いたものの修正したからです。 さて、今回は動画研究部のお話。 美希メインで、扉絵から最後のページ...
2008/10/17(金) 23:24:35 | ゆきヤミ

ハヤテのごとく!第196話~包み込むような笑顔~

今週は私が当番を務めさせていただくFC会長座談会の週ですね。 座談会は木曜に行います。掲載は金、土かな? なんにせよ、うまく、楽しく皆...
2008/10/18(土) 12:48:15 | 清く流るる泉の如く

美希のヒナへの想い・その2

第196話で新たに確認された美希の想い これが実際どういう感情なのか、というと、 どうやら幾つかの部分に分けられるようです。 以前、美希の誕生日に書いたものからもう少し分解してみて見ます。 ・「憧れ」の部分 やはり基底にあるのはこの「憧れ」の部分と思わ...
2008/10/19(日) 08:49:28 | 網創漠蓄

今週のハヤテのごとく!67~一番切ないのは言いだしっぺ~

第196話 切なさ炸裂アドベンチャー 今週はどんな話だろう? そろそろミコノス編スタートかな? と、購入前からあれこれ予想していたのです...
2008/10/20(月) 20:23:20 | サクラ咲く夜に

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。